【画像】とべばんの番組ロゴにパクリ疑惑浮上?うたばんに似てると話題に!

スポンサーリンク
エンタメ

こんにちは!

今回調査していくのは、TOBEによる生配信番組である「とべばん」についてです。

TOBEといえば滝沢秀明さんが立ち上げた芸能事務所として知られていますが、最近ではかつてキンプリとして活動していた三人組によるNumber_i(ナンバーアイ)の結成も話題となりましたよね。

これからの活躍が注目されるTOBEのタレントたちですが、11月25日の19時からYouTubeの生配信である「とべばん」が放送されることで話題となっています。

発表を控えて情報も公開され、番組ロゴなども公開されましたが、そのロゴがかつてTBS系で放送されていた人気番組である「うたばん」にかなり似ているとの指摘が上がっている状況となっています。

そこで今回の記事では、実際に画像を見比べながら、とべばんのパクリ疑惑について調査していこうと思います!

スポンサーリンク

TOBEアーティストによる生配信「とべばん」が25日19時より放送!

https://twitter.com/tobeofficial_jp/status/1727628059904270560

数々の人気アーティストが所属する芸能事務所TOBEは滝沢秀明さんが立ち上げた事務所として知られており、現在も注目を集めています。

そんなTOBE所属のアーティストが集結するYouTube生配信の「とべばん」が、2023年11月25日の19時より行われることが発表され、多くのファンから配信を楽しみにする声が上がっています。

発表の投稿には三宅健さん、北山宏光さん、Number_i、IMP.のハッシュタグがつけられていたことからこちらの4組が登場することが予想されています。

TOBEといえば少し前にNumber_iの結成で話題となりましたよね。

キンプリとして活動していた三人によって結成されたグループであり、今回の生配信が彼らが楽曲を初披露する場となるのではないかと言われており、楽しみにしている声も多く上がっているようです。

配信まで残り1日を切った前日時点では多くのファンからの期待の声が集まっています。

Number_iとして集結した三人の楽曲初披露の場となるとされているため、生配信という形で彼らの歌が聴けるなんて楽しみですよね。

https://twitter.com/43_mey/status/1727997928911097979

https://twitter.com/amm1016_0714/status/1727980170647314935
スポンサーリンク

【画像】とべばんの番組ロゴにパクリ疑惑浮上?うたばんに似てる?

続いて調査していくのが、とべばんの番組ロゴがうたばんに似ているということです。

うたばんとはかつてTBS系で放送されていた人気番組であることで知られています。

似てるといえば少し前にNumber_iのロゴがザ・ボーンズのロゴに似ているということで大きな話題となりましたよね。

これに関してはあまりに似ていることからネットでも賛否の声が集まる状況が続くこととなりましたが、結果的には特に変更することなくロゴを使用していくという方針で決定したようです。

その件があってからの今回の疑惑ですから、一部の視聴者にとってはパクリだと思ってしまうのも無理はないのかもしれません。

実際に二つの画像を見比べてみましょう。

確かに似ていると言われれば似ていますが、個人的にはパクリだと指摘するほどではないかなと感じます。

下記でも紹介していますが、パクリではなくオマージュであるとの指摘も上がっています。

似ている、パクリだという指摘も実際に上がっているようですが、見たところごく一部のみのものであると感じますし、「パクリじゃない」と擁護する声が圧倒的に多いように感じます。

あくまで個人的な感想としてはパクリというほどではなくオマージュであり、可愛らしさもあり素敵なロゴだと思いますが、前回のNumber_iのロゴ盗作疑惑が頭から離れていない方をはじめ、今回のようなパクリ疑惑の声が一部上がってしまうことになってしまったのではないかと感じています。

ロゴというのはやはり数々の作品が生まれるごとに数を増やしていくものですし、さまざまなパターンが生み出されることから、いずれ似ているロゴが生まれてしまうのは仕方がないかなと個人的には思っています。

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、とべばんのロゴパクリ疑惑について調査していきました。

確かに二つのロゴを比べてみるとかなり似ていることがわかりますが、パクリだという指摘は少ないものであることがわかり、批判的な声は一部の視聴者によるものであることがわかりました。

パクリだと攻撃的に指摘する声に対してもまた批判が集まることになるなど、これ以上論争が激しくならないことを願いますが、、

とにかく今は、25日19時に迎える生配信が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました